40 周年

当会設立40周年記念行事を開催します。10/28「おとなの社会見学&講演会」、10/28「記念例会&パーティ」、11/25「大阪記念例会」など。
こちらをご覧ください。
 

東京海外旅行研究会とは

1977年に誕生、設立40周年目に入りました!日本最年長?!旅行サークル!   

10月には、記念イベントを行います。


月一回程度、目黒を中心とした都内で例会(旅行報告・講演会・討論会)を開催。
他にも、テーマ別の特別例会、各国料理を食べる会などのイベントがあります。
会報誌『PASSPORT』を発行。
会員になると、イベントの参加費割引、メーリングリストでの情報交換、 会報の受け取り(会報あり会員)など、様々なメリットがあります。

 

お知らせ

40周年記念行事

当会の活動

活動日記(外部リンク)
イベントスケジュール

会報紹介

例会発表 申し込み


問い合わせ先

 お名前とe-mailアドレス、連絡先(任意)とともに jimu★kaigairyoko.com まで(スパム対策のため、★を@に変えてください。)

 

例会予定

8月例会は、8月27日(日)午後開催します。
会場は、
目黒中小企業センター2階第一集会室です。


【参加費】 会員 300円 一般 900円
【スケジュール】
13:00~14:50 
旅行報告 
15:00~16:30 講演 「てくてく島旅ゲストハウスめぐり」 講師  松鳥むう 氏(島旅イラストエッセイスト)
16:30~16:50 事務連絡
17:20~ 二次会  講師を囲んで近くの居酒屋で行います。

※例会、二次会事前の予約不要、参加自由です。例会会場にて二次会参加の有無を確認します。
※当日の進行によって開始時間が前後する可能性があります。事前にご了承ください。
※会場定員に限りがあります。満席の場合、立ち見になりますので、早めにお越しください。
※著書のご案内、サイン会は二次会にて行います。

講師プロフィール
今までに訪れた島は、国内83島。
なんにもないと思われる島ほど、大好き♪
島でおばあちゃん&おじいちゃんと話すのが好き♪
その島の人の日常のくらしに、ちょこっとお邪魔させてもらえる旅が好き♪
毎日、どんなものを食べて、どんな日常で、どんな気もちですごしておられるのかというコトが とても気になる。
(それは、島以外でも、どこの土地でもそうなのだけれど)
看護師免許取得。(精神科男子閉鎖病棟、認知症治療病棟勤務経験あり)
食品衛生責任者免許取得。
WEBサイト:http://muu-m.com


松鳥むう氏の著書
『日本てくてくゲストハウスめぐり 』(ダイヤモンド・ビッグ社 2017/7/13刊)
『あちこち 島ごはん』(芳文社 2017/7/14刊)
『島旅ひとりっぷ』(小学館)
ちょこ旅シリーズ『ちょこ旅 京都』『ちょこ旅 沖縄+離島』『ちょこ旅 小笠原&伊豆諸島』『ちょこ旅 瀬戸内』(アスペクト)
『エスニック ファッション シーズンブック』(eTHno lovers編著/ダイヤモンド社&ダイヤモンド・ビッグ社)
ホステリングマガジン(Hostelling Magazine)に連載中。

ブログ
でも紹介しています。

 

7月例会報告&仙台例会

7月例会には、48名の旅の友が集まりました。
航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏の講演もあり大盛況でした。

★旅行報告
・ヒマラヤ
来年3月4日-18日(暫定)に予定されている地学の野外実習ツアーの案内。本来は学生対象ですが一般にも公開されています。
カトマンズ、アンナプルナ、タウラギ、ルンビニなどを訪れます。
主催 学生のヒマラヤ野外実習プロジェクト
http://www.geocities.jp/gondwanainst/geotours/Studentfieldex_index.htm

・ヨーロッパ鉄道の旅
42年ぶりのヨーロッパ(スイス、オーストリア、ハンガリー、チェコ)を鉄道でめぐりました。鉄道の切符は日本で購入しました。スイスの観光は高くつきました。

・中国吉林省
ハルピン、長春、吉林、延吉、長白山など、北朝鮮国境の町を含め吉林省の町をぐるっとめぐりました。中国の人は写真を撮ってもらうとき、ポーズをとります。自分の写真を撮ってもらうとき、とるべきポーズを指示されました

・カリブ海
カリブ海沿岸の国8ヶ国(トリニダード、ジャマイカなど)を1ヵ月かけ回ってきました。入国審査が厳しく、滞在許可は旅程の日数分しかもらえませんでした。生まれも育ちも違う人々、食文化などに触れることができ興味深い
旅でした。

★講演会
「フルサービスキャリア、LCC、中堅航空会社、地域航空会社、それぞれの在り方」
講師 航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏

当日の午前中に、ANAの機内食の試食会に出席された時の様子の紹介がありました。
いくつか用意された中から、次期のエコノミー席で提供される機内食を決定するためのものだそうです。
どれもおいしそうな内容でした。

本題
フルサービスキャリア、LCC、中堅航空会社、地域航空会社などのメリット・デメリットについて解説していただきました。
すべてではないですが、いくつか紹介します。


フルサービスキャリア(ANA,JALおよび子会社)
○便数が多い、高品質、時間が正確。機内WiFi(JAL)が使える。機内エンタメが充実している。
○上級会員に対する優遇措置がある。 など
×高い など

その他
・LCCの出現により、ラウンジなどを含めた品質が向上しました
・ビジネスクラスの中間食は日系に軍配があがります。
・座席モニターの廃止が検討されている。代替としてスマートフォンに配信するのが考えられている。
・シカゴのUAのラウンジがよくなった。
など

LCC(ピーチ、ジェットスター・ジャパン、バニラエア、春秋航空日本)
○運賃が安い。遅れはあるものの欠航は少ない。など
×路線が限られている。荷物、座席指定も有料、遅れが多い、不便な空港。
×予約手数料がかかる。目立たないよう値上げをしているところもある。
×マイルがたまらない、機内エンタメがない。など

その他
・5年前の就航当時は、欠航や遅延が目立ったが、3年ほど前からは知名度が上がり乗客が増えている。
・利用はレジャー中心。外国人の利用も増えたり、地上のインフラもよくなっている。
・海外のようにフルサービスキャリアのお客を奪っているのではない。バスや鉄道の乗客が流れてるようである。
・フルサービスキャリアとは別物と考えたほうがよい。 
など

中堅航空会社や地域密着型航空会社などについても解説していただきました。
一例
・スカイマークは羽田発が多く出張でも使うことができる。
・一機しか航空機を持っていない天草エアラインは少ない従業員がマルチタスクでがんばっている。
・特徴がないと生き残ることは難しい。


仙台例会には、11時から23時まで、7名の旅の仲間で盛り上がりました。


3名の旅の発表(ニュージランド トレッキング、エジプト、ANA上級会員修行)

特別講演「イタリアの食文化・歴史」

ユニークな日伊比較


その後の茶会では講師の先生も参加、 またその後の二次会も4時間半も!

話は尽きることなく続きました。

 

今月の予定

重要なお知らせ

www.kaigairyoko.org および kaigairyoko.org は、東京海外旅行研究会とは まったく関係はありません。内容について、当会は一切関与していません。